企業沿革


1984 年

初のパソコン業務用パッケージとして、新聞販売店システムを開発、 業務用パッケージ第2弾、接骨院専用保険請求システムを開発。

1989 年

接骨院保険請求システム『レセプトヘルパー』全国展開始まる。

1992 年

東京営業所開設。

1994 年

札幌に駐在所を設置。

学校用教材提示装置の販売開始。

開業医向け保険請求システム『ユニメディカル』を販売開始。

1995 年

初の手書きパソコンシステム販売管理『手護神』を開発、販売開始。

1997 年

モバイルツール『ザウルス』にて心電図学習用携帯ツール『心臓博士』販売開始。

1999 年

統合一元管理システム『まんでがん』が完成、社内使用開始。

2000 年

『ザウルス』での栄養計算用ソフトを発表『栄養博士』。

2001 年

丸亀営業所設立、パソコン教室としてスタート。

2002 年

学校用理科教材パソコン連携型『マイクロスコープ』の販売開始。

学校用教育支援システム『スタディシリーズ』の販売開始。

2003 年

コンテンツ作成&電子黒板システム『エデュキャンバス』の販売を始める。

2004 年

『電子手護神』の特許申請を提出。

手書財務システム『電子手護神』の発売開始。

2005 年

味の素ファルマ株式会社様にOEM契約。

『まんでがん』の携帯電話による使用の開始。

2007 年

レセプトヘルパー パートⅤ(vistaバージョン)出荷始まる。

2009 年

全国中小企業展に於いてベストプレゼン賞 3位表彰(於:東京ビッグサイド)。

2012 年

レセプトヘルパー パート6出荷始まる。

2014年

『OA.システムシャープ太陽光発電所』売電開始。

2017年

レセプトヘルパー パート7へバージョンアップリリース。

画像プロファイリングソフト『あしあとカルテ』リリース。

2019年

足整療法活用セミナー開催。eTape(サポーター)、Footfix(インソール)取り扱い開始。